クラリネット科/講師紹介

●クラリネット

※現在、執筆依頼中です。



海付 豊 うみつきゆたか
1962年東京生まれ。

 

チャーリーパーカーやキャノンボールアダレイに触発され16歳でサックスを始め、大友義雄氏に師事。Hi-Fi Saxを経てライブ活動を開始。谷川賢作、野口久和オーケストラなどと共演を重ねる。矢沢永吉のツアー、レコーディングに参加。

その後宮間敏之とニューハードに参加。ニューオリンズには毎年出かけLeroyJones(Tp),Bob French,Topsy Chapmanなどと共演を重ねる。


2000年Kansas City Blues And Jazz Festivalに招かれて出演、カンサスシティ名誉市民の称号を授与される。 正統派ビバップスタイルのアルトサックス、スインギーなテナーサックス、ニューオリンズ色豊かなクラリネットとそれぞれ個性的な音色を持つ。



大野 憲一郎 おおの けんいちろう

 

1947年 ヴァイオリンを師事。
1954年 秋田県の高校では初めてのブラスバンドを結成。
1955年 ヴァイオリンを抱えて(株)木村三郎商店に入社。北区及び東大吹奏楽団に入団。
1956年 吹奏楽コンクールに出場2楽団共に入賞。
1959年 クラリオン入社(どういうわけかエンジニアとして・・)
1963年~ 突然アルトサックスを買ってプロになる。色々なビッグバンドに出入り。千葉勲バンドに入団(初めてのコンボ)。芦田ヤスシバンドに入団。渡辺貞夫氏に2年間師事。様々な編成のバンドを結成。
1980年~ ニューハード楽団でインド、ハンガリー、ベオグラード、ニース等のジャズフェスティバルに出演。


国内では、ジャズエイド、日比谷サマージャズ、別府、白竜湖等出演多数。