ボーカル科/講師紹介

●ボーカル/正しい発声法 ジャズボーカルとは?

「スタンダードジャズ」を、まず唄うのですが、「スタンダードジャズ」とはアメリカのミュージカルの主題歌、挿入歌、と映画の主題歌がメインになっています。ジャズボーカルの定義とは?
サッチモ(ルイ・アームストロング)は美声ですか?違いますね。
ただ、世界中の人に愛されていますね。 音程は正しいですね。ただ声をつぶさないように練習はするべきでしょう。
発声はたくさんの種類があります。テレビで「消臭力」のCMでポルトガル人の少年がショウシュウリキーと歌う時の最後の母音が「い」を、口を大きく開けて いましたね! 「い」音の1つの正しい発声法です。またジャズの歌は歌詞を変えても良いしメロディーを変えてもいいのです。あのサッチモがそうですね?


桜木町 横浜ジャム音楽学院 ボーカル科講師  中条まり

ボーカル科講師

中条まり なかじょうまり
宝塚歌劇団・国立音楽大学演奏学科声楽専修卒業

 

宝塚音楽学校を声楽主席入学。宝塚歌劇団員として10年間舞台に立つ。主な出演作品は「風と共に去りぬ」「ベルサイユのばら」「PUCK」等。

退団後はニューヨークへ渡り歌手活動を本格的にスタート、ジャズ、ゴスペル、ミュージカルなど幅広い音楽に取り組み、ブロードウェイにあるライブハウスやレストラン、ゴスペル教会などでステージを行う。

帰国後はディナーショウやライブ、ミュージカルの舞台等に出演しながら ヴォーカル講師、ミュージカル演出、振り付けなど後進の育成に力を入れる。

さ らに歌唱法の研究の為、国立音楽大学にて研鑽を積む。テレビ出演「さんまのスーパーからくりテレビ」TBS、ラジオ出演「横浜ポートスタジオ・アーティ ストスペシャル」NHK FM横浜、横浜市旭区ゆかりのアーティストとして選ばれ、横浜市文化振興財団主催公演の主演を務める。



桜木町 横浜ジャム音楽学院 ボーカル科講師  北山 哲子

ボーカル科講師

北山 哲子 きたやま てつこ
青森県出身。

6歳よりクラッシックピアノを始める。
ジャズピアノを徳山陽氏にボーカルをマーサー三宅氏に師事。ブラジル音楽をフランシス・シルバ氏にポルトガル語をルーシア・オグリ氏に師事。

趣味 マラソン



桜木町 横浜ジャム音楽学院 ボーカル科講師  東郷 太郎

ボーカル科講師

東郷 太郎 とうごう たろう
1949年10月4日生。福島県いわき市出身。

 

高校卒業後、18才で上京。ドラムスは元ニューハード・オーケストラのドラマー・田畑 貞一氏に師事。
歌はジャズプレーヤー・岡田愛詩氏に師事。1972年クレスト・フォーシンガーズを結成。シングル、アルバム多数レコーディング。「マクドナルドハンバー ガー」初め多くのCMソングに参加。「東京音楽祭」、「ヤマハ国際音楽祭」にゲスト出演。1984年 ロス・インディオスに参加、現在に至る。
コーラス・セミナーに於いては、肩のこらないポップス系の楽しめる曲と、ちょっと難しいジャズナンバーを組み合わせて毎回レッスンしていくことを心がけています。



桜木町 横浜ジャム音楽学院 ボーカル科講師  小山 由希子

ボーカル科講師

小山 由希子 こやま ゆきこ
東京生まれ。石橋楽器Rock-Running24で特別賞を受賞。

 

銀座サイセリアJazzVocalコンテストでの一位入賞を契機に、ライヴシーンにデヴュー。
以来、ジョージ川口BIG4,北村英治ALLSTARS等、ベテラン音楽家達や、自衛隊音楽隊等と、 意欲的なコンサート活動を行ってきた。
1991以降ブラジル音楽に見せられて二度渡伯。アンジェラソアレス、小野リサのレコーディングに参加。

現在は、横浜ジャムのインストラクターを努める一方、パーカッション、アコースティックギターを軸に、ブラジル音楽+オリジナルサウンドを中心に、【元気が出ちゃうぞ!】コンサートを展開中。



桜木町 横浜ジャム音楽学院 ボーカル科講師  明光院 正人

ボーカル科講師

明光院 正人 みょうこういん まさと
山口県宇部市出身。山羊座AB型。

 

コーラスグループ「クレストフォーシンガーズ」で約10年間、トップ・テナー・ボーカル、ベーシスト、作・編曲家として活動する。吹奏楽のアレンジャーとしても知られ、「テキーラ」「バックドラフト」等のヒット作を持つ。



桜木町 横浜ジャム音楽学院 ボーカル科講師  古川 奈都子

ボーカル科講師

古川 奈都子 ふるかわ なつこ

 

5歳よりピアノを始め、父親の影響で幼い頃からアメリカのヒットチャートに馴染み、中学、高校にかけてはフュージョンやブラスロックなどを中心に、 管楽器 のアレンジをしながらキーボード、テナーサックスを演奏。映画「スティング」をきっかけにトラディショナルなジャズに興味を持ち、早稲田大学ニューオリン ズジャズクラブに所属。

1987年卒業と同時にNew Orleansを訪れ、以来ニューオリンズと日本を往復しながら現地のミュージシャンたちと交流を深めて来た。共演者にはLeroy Jones(tp), Kermit Ruffins(tp),Bob French(ds),Rebirth Brass BandTopsy Chapman(vo)などニューオリンズを代表するプレイヤーが並ぶ。

日本ではリーダーユニット「SOUL FOOD CAFE」に加え、カンサスシティバンド、MITCH(tp)など、アメリカのルーツジャズをテーマにしたバンドにも積極的に参加。2000年にはカンサ スシティバンドでカンサスシティ公演を行い、同市の名誉市民の称号をを授与される。2004年11月にSOUL FOOD CAFEとして「Swingin' at SOUL FOOD CAFE」をリリース。

ニューオリンズの幸せな空気を日本に運ぼうとライブ活動を続けています。ニューオリンズのことなら何でも聞いて下さい!



ミュージカルクラス 講師 ジャズボーカリスト 桧 せいら
ミュージカルクラス 講師 桧 せいら
ミュージカルクラス 講師 ジャズボーカリスト 桧 せいら

ミュージカルクラス 講師

ジャズボーカリスト 桧 せいら

 

歌の習い始めは3歳、松田トシ氏に師事。
7歳から15歳の間、NHK東京放送児童合唱団に所属。

19歳の時に宝塚歌劇団入団、男役で月組に在籍4年後、JAZZ VOCALISTに転身。
クラシック声楽の基礎を学び、子供のための音楽番組、学校放送、演奏会、ミュージカル等の出演を通して、ジャンルを超えた様々な音楽に触れた事が、何よりも豊かな経験として、現在にも大きく影響している。
17歳春、ベルばらブームの中、宝塚音楽学校に入学、2年間の厳しい訓練を受ける。
声楽と芝居は常にトップの成績を守り、精勤賞で卒業後、宝塚歌劇団へ入団。
男役で月組在籍4年。

男役声方とシャンソン系におさめる歌唱に馴染めぬ反面、猛烈にJAZZ VOVALに興味を持ち、得意な歌を追求したく、あっさり帰京、宝塚を退団。
スタンダードから徹底的にレッスンし、JAZZ CLUBから出発。
第一回サイセリア新人JAZZ VOCALコンテスト優勝。
NHKオーデション合格(84年11月)

JAZZコーラスグループ/THE SHINY STOKINGSに3年間レギュラーメンバーとして参加、修業を重ねた後、英語力をつける為に数度の渡米。以後それまでの経験を活かして、JAZZを中心にショーアップできるシンガーとして多分野にわたる音楽活動に挑む。安定した歌はもとより、飾らず時に辛辣な《本音トーク》は絶妙で絶品。そのパフォーマンスは、多くのジャズ喫茶系の、ただ歌うだけのJAZZ VOCALIST達とは一味も二味も違う趣き。歌自体もキャラクター的にも大衆向きではあるが、遊び馴れた、贅沢と楽しさにうるさい層に好まれるまでに成長した。また、上記の傍ら、ミュージカル等舞台にも多数出演。

最近では歌唱指導の他、ショウメイキングの要でもある構成、音楽、作詞、コーラスアレンジ等制作分野にも意欲をそそぎ、出演者からの信頼を築き、実績を積み始めている。これからの真のエンターテイメントを要する時代に、マルチな才能で挑むべく、日夜奮闘、勉強を重ねている。



★ ★ ★ Let's Talk Together.


★ミュージカルクラス講師にインタビュー ミュージカルクラス講師 桧 せいら先生

ミュージカルクラス 講師 ジャズボーカリスト 桧 せいら
ミュージカルクラス 講師 ジャズボーカリスト 桧 せいら

桧 せいら先生は元宝塚/月組ご出身のプロ中のプロの声楽家です。

 

レッスン当日に、現在の活動やレッスン内容などについて伺いましたが、先生と生徒さんの迫力ある歌声、声量に圧倒されるひと時でした。


Q.ジャム音楽学院での講師歴はどのくらいですか。

桧:ジャムさんでは今年からミュージカルクラスを始めました。現在、読売文化センター4クラス、東京、川越、そして横浜ジャムと声楽教室で指導を行っています。


Q.レッスン内容はどんな内容でしょうか。

桧:皆さん歌いたい歌は人それぞれですが、ジャズボーカルはじめ、宝塚名曲から、ブロードウェイミュージカル、オペラ、映画音楽まで、生徒さん一人ひとりが「歌いたい曲」を歌えるように教えていきます。 発声の仕方から、声を作り、ソルフェージュまで個人レッスンをしています。

 


ミュージカルクラス 講師 ジャズボーカリスト 桧 せいら
ミュージカルクラス 講師 ジャズボーカリスト 桧 せいら
ミュージカルクラス レッスン
ミュージカルクラス レッスン


Q.生徒さんはどんな方たちですか?皆さんプロ指向でしょうか?

桧:現在の生徒さんの年代は様々で、皆さん本業のお仕事をされていて、趣味でミュージカルナンバーを歌いたいという方々ですが、もちろん「ボーカルになりたい方」あるいは「宝塚受験を目指すお嬢さん」「シンガー希望者」も大歓迎です。


Q.ジャム音楽学院の特長はなんでしょうか。

桧:やはり全員プロの講師陣で、ボーカル、ピアノ、ドラムなど様々な本気で音楽を習いたい人が集まっていることではないでしょうか。

古くから異国文化が入り込み、いつもジャズや音楽と共にある横浜ならではのスピリッツが息づく、稀少な音楽学校ではないでしょうか。

宮澤学院長の元に、魂に熱い何かを持った真の音楽好きが集まったアットホームな学校です。

ピアニストでもある宮澤学院長のピアノ演奏を一度聴いてみれば、ジャムスピリッツが感じられるかもしれません。

 

ミュージカルクラス レッスン

ミュージカルクラス 講師 ジャズボーカリスト 桧 せいら
ミュージカルクラス 講師 ジャズボーカリスト 桧 せいら


Q.ボーカルクラス希望者へ何かメッセージはありますか。

桧:震災や原発、犯罪など暗くなってしまうニュースが目立つ、大変な時代だからこそ、好きな音楽をとらえて元気になって欲しい、と思います。

 

歌を歌うことは心や精神に良い影響を与え、結果的に身体にも良いことです。世界中の国々で過去のどんな時代にも人々は歌を忘れなかった。

うれしい時も悲しい時も私たちの心に歌がある。

 

お芝居をしたり、踊ったりすることは練習しないとなかなか出来なくても歌うことはボーカルでなくても誰でも出来ることです。

ステージを目指してちょっと頑張ってみる、そして気がつくと主役の歌が歌える自分がいる、そんなしあわせを感じて欲しい。

 

一人ひとりが歌いたい歌を思いっきり歌って、モヤモヤとした閉塞感を払拭、世の中が明るく元気になってほしいと思います。

一緒に8月のジャムコンを目指して思いっきり声を出しましょう! 心と身体の健康にも、美容にもイイですよ!(笑)

ぜひレッスンの見学にいらしてください。きっと驚きがあります。

 

-...-...-...-...-...-...-...-...-...-...-...-...

 

レッスン風景の撮影を開始してすぐに驚きました。普通に会話していた控えめな印象の女性の生徒さんが、もの凄い声量でした。力強く迫力があり、しかもベルベットのような声というものを初めて生で聞きました。

桧先生の動的でリズミカルで楽しいレッスンに思わず引き込まれ、「歌うって凄い」と圧倒されました。

桧先生の温かさ、度量の深さで皆がグイグイ引っ張っていかれるレッスンは、ボーカルや歌手志望でなくても吸引力大です。(HI)